© R3.inc All rights reserved.

google

スマートフォン対応について

最近、WEBサイトのスマートフォン対応についての問い合わせが急増しています。

Google「スマホ対応」をランキング要因に利用することを決定。4/21から導入。

https://www.suzukikenichi.com/blog/mobile-friendly-as-a-ranking-factor/

ここで、弊社における「スマートフォン対応策」を一旦まとめておきたいと思います。

まず前提条件として…4/21に対するスマフォ対応もあくまで手段の一つであり、単に対応すればいいということではなく、SEOに対する効果や実際の運用体制を含む「サイト全体」のことを考えて進めなければいけません。その上で、これからのWEBサイトでSEOをしていくために必要な要素を3つあげてみます。

      A.スマートフォンで見やすいサイト仕様であること
      B.定期的にサイトが更新されていること
      C.更新内容が一定の評価を受けているものであること

まずA.につきましては、スマートフォンでホームページをみた際に「指で画面を拡大しなくても、快適にサイトが閲覧できる」状態が求められます。これは文字サイズは元より、メニューボタンの押しやすさ(間隔)や、ユーザー環境別に画面幅の指定がきちんと行われているか否かなども含まれます。単に対応すればいいというものではなく「見やすさと使いやすさ」の両方が求められるということですね。

B.につきましては、定期的にサイトが更新、またはページが追加されていることが、Googleの評価に繋がる第一要因とされています。また1日で100Pを追加することよりも、3年間定期的に100Pを更新していく方が遥かに高い評価に繋がることから、施策の継続性もみられています。ぜひこの機会に「定期的な更新を無理なく続けていける体制」もつくって頂けましたら幸いです。

そして、C.につきましては、更新頻度とともに「更新する内容」が問われる時代となりました。記事の評価基準については、閲覧数なのか張られたリンクの数なのかSNS上の拡散数なのか未だ曖昧ではありますが、少なくとも「数ではなく質」が重要だということです。コツとしては、あまり検索エンジンを意識することなく「人が読んで納得できるかどうか」を基準に文章を作ることをオススメしています。

AP0_0235

以上3つの前提条件をふまえ、どうスマートフォン対応するのが最適か…
弊社では以下の【1】〜【3】3つのパターンによるスマートフォン対応を推奨しています。それぞれ、メリットとデメリットがありますので、分かりやすくご説明させて頂きます。

【1】PCサイト自体をレスポンシブ仕様(スマフォサイトと兼用)に作り変える
【2】PCサイトとは別にスマートフォンサイトを作る
【3】スマートフォン変換サービスを利用してPCサイトをスマフォ対応させる

それぞれの解説とポイントは下記をご参照ください。

【1】PCサイトをレスポンシブ仕様(スマフォサイトと兼用)に作り変える
これからサイトリニューアルをご検討の方には、まずファーストチョイスとしてご案内させて頂く手法です。PCサイトとスマフォサイトが1つのページで兼用となりますので、構成がシンプルであり、検索エンジンとの相性もいいです。URLも変わりませんので、評価も同様に高めることができます。ただ、兼用デザインのため、PCサイトでは余白が多めなレイアウトになったり、シンプルすぎる印象を与えることもあります。管理更新もしやすいので、コーポレートサイトやブログメインのサイトなどに向いているといえます。
デザイン性:★★★
検索エンジンとの相性:★★★★★
コストパフォーマンス:★★

【2】PCサイトとは別にスマートフォンサイトを作る
既存のPCサイトはそのままにスマフォ用のサイトを別途構築して、それぞれを自動で振り分ける仕組みを導入する仕様です。PCサイトはそのままにしておきたい場合や、スマフォでの動線をしっかりさせたい場合(ランディングページ等)にオススメしています。ただし、更新作業がすべて×2サイト分となってしまうことや、PCサイトページとの関連性を高める細かい設定とノウハウが必要なため、コスト的に割高になる傾向が強いです。
デザイン性:★★★★★
検索エンジンとの相性:★★★★
コストパフォーマンス:★

【3】スマートフォン変換サービスを利用してPCサイトをスマフォ対応させる
現状のPCサイトに対し「スマフォサイトに自動変換してくれるサービス」を導入することでスマフォ対応させる仕様となります。見た目は若干チープかもしれませんが、納期的にもコスト的にも最短・最安で導入することができます。無料版もありますので、まずは入れてみてデザインをすぐ確認することができますし、ひとまずこちらを導入しておいて、ゆっくりスマフォサイト構築を進める…といった使い方も可能です。ただし無料版は独自ドメインを割り当てることができませんので、自サイトに対する検索の評価がつきません…導入の際は有料版(2,138円税込/月)をオススメいたしております。
デザイン性:★★
検索エンジンとの相性:★★
コストパフォーマンス:★★★★★

https://www.dudamobile.com/jp

もちろん、ご自身のサイトの状況や競合の動向によってもケースバイケースですので、ご不明な点は担当へお問い合わせください。

個人的には、4/21にどれくらい変わるのか、ちょっと楽しみにしていますw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

AP0_0227

20154/13

各事業部のご説明

R3の「制作・管理事業部」と「デジタルマーケティング事業部」の違いをご案内いたします。 WEBサイトの内部施策(デザイン・CMS構築・…

Pmark

20154/13

個人情報保護方針

株式会社officeR3(以下R3.inc:当社とする)はWebサイト制作・ASP提供・保守管理・広告運用・コンサルティングなどを、多くのお…

Facebook広告の勉強会に登壇

20154/12

イベント実績

2010年あたりから積極的に、外部との交流・イベント開催・勉強会の企画を行っています。下記に一覧をまとめてみました。 その他、商業的なセミ…

R3のワークスタイル

20154/12

ワークスタイル

R3.incのワークスタイルをご紹介します。 クラウドをいち早く導入 ペーパーレスを推奨 仕事椅子はすべてアーロンチェア …

子供部屋

20154/12

採用について

R3.incでは現在、経験豊富なWEBデザイナーを募集しています。 特に「現役時代にバリバリ働きつつも、子育てが忙しくてフルで働けない」と…

ページ上部へ戻る