Youtube広告

広告出稿に向いている対象

YouTubeなどを閲覧しているユーザーに動画を使ってPRしたい方。

YouTubeは、世界の月間アクティブユーザー数は20億人、国内のアクティブユーザー数は6,200万人を超えており、代表的な動画共有サービスです。
そのYouTubeで、自分のYouTubeチャンネルにアップした動画を使って広告を配信できるメニューがYouTube広告です。

YouTube広告の最大の魅力は、テキストや画像にはない躍動感やTVCMやチラシでは届かない層へのリーチが可能なことで、商品について実際の使用感などが分かりやすく、「販売促進」にも大きな影響を与えてくれるため、企業やブランドの認知度を上げたり、商品をPRしたりする上でとても効果的なメニューであると言えます。

配信面はYouTubeの動画再生ページ やGoogleディスプレイ ネットワーク上のパートナー サイトやアプリなど広く、広告フォーマットには、スキップの可否を選べるインストリーム広告(※1)やバンパー広告(※2)など様々な種類があります。また、料金はユーザーが動画を視聴した場合にのみ発生、Google ディスプレイ広告で可能な年齢などのセグメントを利用し、ターゲティング設定ができます。

■TrueView インストリーム広告 (※1)
動画コンテンツの前に再生されるスキップ可能なオンライン動画広告です。
再生開始から 5 秒が経過すると、ユーザーが視聴をスキップできるようになります。

■バンパー広告 (※2)
別名「6秒動画」ともいわれます。
モバイルに適する 6 秒間の短い動画広告です。簡潔で印象的なメッセージで幅広いユーザーにリーチしたい場合に適しています。

R3ではどういったケースでYoutube広告をおすすめするか?

R3では、下記のようなお悩みをお持ちの方に、YouTube広告をおすすめします。

  • ブランドの認知を広げたい、ブランドイメージを理解してほしい方
  • 商品の使用感などを詳しくお伝えしたい方
  • イメージ動画を持っているが、広告では使っていない方
  • 低予算で動画広告を出稿したい方 など

CONTACT

R3inc.ではオンラインにて打ち合わせを行っています。
日程調整の上、お問い合わせください。

TOP
TOP