Yahoo!検索広告

広告出稿に向いている対象

Yahoo!検索で商品などを実際に検索しているユーザーにPRしたい方。

検索エンジンは色々ありますが、日本での検索といえば、GoogleかYahoo!の2つといってもいいくらいシェアを占めています。日本で検索広告をするのであれば、切っても切り離せないメディアです。

最近では、Google広告の仕様にかなり近づいてきており、機械学習の精度も日々上がってきているように思われます。しかし、機械学習による自動化に関しては、Googleに比べると、追いつくにはまだ時間がかかりそうです(GoogleはOSを握っていたりするので、ユーザーデータにかなり強い)。このあたりを理解していないと、「Googleと全く同じ運用なのに成果が出ない=Yahoo!はダメ」のような評価となり、機会損失に繋がりかねません。

ターゲット層などの違いやシステムの細かい仕様の違いなどに注意しがちですが、それよりも重要なのは同じ検索広告といっても、GoogleとYahoo!は全く「違うメディア」であり、「違うシステムで動いている」という認識です。
この認識をしているかどうかで、運用方法も変わり、成果も違ってきます。

R3では、基本的に検索広告のオススメの優先順位はGoogle検索広告を1番に推していますが、GAなどのデータを元にYahoo!検索経由での流入を分析し、効果が見込める場合、Yahoo!検索広告の出稿もオススメしています。(GoogleよりもYahoo!の経由の流入の方が明らかに貢献度が高い場合はYahoo!検索広告を1番にオススメしています。)

CONTACT

R3inc.ではオンラインにて打ち合わせを行っています。
日程調整の上、お問い合わせください。

TOP
TOP