Google検索広告

広告出稿に向いている対象

Google検索で商品などを実際に検索しているユーザーにPRしたい方。

検索広告は、ユーザーが検索したキーワードに関連する広告を検索結果画面に表示できる広告で、これに関してはウェブ広告をしようとした時に最初に考える選択肢の1つであり、広く認知されているメニューだと思います。ですので、ここでは検索広告の仕組みなどの説明は省き、現在重要とされていることに焦点を当てたいと思います。

現在、Google広告(ディスプレイ広告系も含む)において、最も重要視すべき点は「機械学習による自動化」です。
近年、どのメディアにおいても機械学習による自動化が進んでおり、実際、完全手動で運用するよりも成果が上がっている例をいくつも聞きます。その中でも、Googleの機械学習の精度はかなり高いと体感しています。

自動化の流れは今後さらに加速していきますが、そうなってくると出てくるのが「運用者不要論」です。ひと昔前は、「1広告グループ、1キーワード、1広告文で大量に作らななければならない」みたいな手法(現在これは推奨されていません)もあったりしましたが、自動化が進んだことで、このような裏技的な手法は、ほぼ使えなくなっています。そういうこともあって、「全て自動化するのならば運用者はすることがなく必要ないのではないか」という流れになりやすいですが、これに関してはある部分では正しく、ある部分では正しくありません。

細かい入札調整やキーワードに対する広告文選択などは自動化による恩恵が大きいため、これを使用することで運用者の工数が大幅に削減されます。運用者が必要ないと思われる点はこの部分のことを指しているのだと思います。ただ、これは運用のみ行う者という狭い意味であり、そこから計画や改善なども含む大きな意味での運用者には当てはまりません。

自動化を正しく動かすための機械学習にどのようなデータ(広告文なども含む)が必要なのかや結果からの改善などに関しては、まだ人間の担当分野であり、それこそが広告の効果を左右する最重要ポイントでもあります。そして、今後、運用者に求められるのはこういった点になっていくのだと思います。

R3の運用チームは、ただの広告運用のみではなく、ビジネス戦略やGoogle Analytics等での分析を加味した俯瞰的な視点から、改善に取り組める知識と経験を持つメンバーのみのチームとなっております。

CONTACT

R3inc.ではオンラインにて打ち合わせを行っています。
日程調整の上、お問い合わせください。

TOP
TOP